りんご病 原因 症状 対処法 治療法

りんご病が原の症状、対処法と治療法

スポンサーリンク

お子様がまだ小さくて、幼稚園や保育園に行っているご家庭では、インフルエンザや風邪などを貰ってきやすいのでうがい手洗いを口を酸っぱく行っている方も多いと思います。
また、季節になりますとりんご病などの感染者が増えてきますので、合わせて対策したいと思います。

 

 

【りんご病による顔の赤みの症状】
りんご病が原因の症状による顔の赤みの症状は、りんご病の病状の中で最も有名です。
かわいらしいほっぺたに赤くりんごのような腫れや湿疹がでるのが赤みの症状です。
りんご病が原因の症状で赤くなっている状況は、かゆみを伴うケースなどもあり、小さいお子様がひっかいてしまうなどの心配もあります。
りんご病が原因の症状中でもかゆみに関しては、かゆみ止めを医師から処方してもらったり、氷嚢などで直接ほっぺたを冷やすなどの対策が必要になってきます。

 

 

【りんご病による顔の赤みの症状になれば】
りんご病が原因の症状になれば、他の方への感染は考えなくても大丈夫です。
りんご病が原因の症状が他の方に感染する時には、潜伏期間や鼻水や微熱、咳など風邪の感染初期の病状と似ている時などは感染力のあるウイルスの活動が活発な時期なのですが、りんご病による顔の赤みの症状がでている場合には、既に感染力は0に限りなく近い状態になっております。
その為、りんご病による顔の赤みの症状が現れた段階で、お友達やご家族が感染する確率は極めて低くなっているのです。

 

 

【大人が感染した場合】
りんご病が原因の症状は、子どもよりも大人の方が感染すると病状が重くなります。
扁桃腺が腫れて高熱がでる方もいらっしゃいますし、間接などが痛くて辛い病状が出る方もいます。
りんご病が原因の症状で、小さなお子様が沢山いる保育園や幼稚園に行く時にはマスクが必須アイテムになります。

 

りんご病による顔の赤みの症状がでると不安でたまらなくなる方も多いと思いますが、しっかりと水分補給をさせ、身体を休ませてあげれば、1週間程度で病状は劇的に回復するようになります。
病院へ行き、先生にアドバイスをしてもらったら、なるべく子供の傍にいてあげてください。

 

 

【小さな子供のりんご病の症状】
小さな子供のりんご病が原因の症状についてもご紹介します。
りんご病が原因の症状で小さなお子様の場合には、感染初期は、発熱やせき、鼻水のような風邪に良く似た症状が現れます。
大人の方とは違い、小さなお子様の場合には、熱が出る場合でも微熱になります。
その後、この病気の代名詞とも言えるほっぺやお鼻、お口の周りが赤く腫れてきます。
痒みがでるようなケースもあります。
あまりにかゆい場合には、病院でかゆみ止めを処方してもらうようになります。
また、肩付近や太ももなどに赤い斑点が出てくるような場合もあります。
りんご病が原因の症状は、色々な症状が現れますので、治療薬がないから病院へ行かないというのではなく、症状に合わせた対処法やかゆみ止めを処方してもらうために病院へは行くようにしてください。

 

りんご病は、完治するギリギリの期間まで感染力を持っている病気ではありません。
基本的にはほっぺが赤くなった段階で、ほぼ感染力は失われておりますので、安心してケアしてあげてください。

 

スポンサーリンク

 

【りんご病が完治するまでの平均期間】
りんご病の対処法として、完治するまでの平均期間は1週間から2週間程度と言われております。
りんご病の対処法として、この完治までの期間については諸説ありますが、感染した方が元気になる機関が1週間から2週間程度の期間が多いという事だけで、全員が全員とも2週間の期間で完治するという事ではありません。
りんご病の対処法として、同じりんご病でも症状も様々ですし、元々持っている免疫力や体力などが異なる上に、生活環境などもことなっておりますので、必ずしもその期間で治ることではないという事は誤解しないように覚えておいてください。

 

 

【症状が見られたら皮膚科】
りんご病の対処法として、大人の方がりんご病の症状が出たら、迷わず皮膚科に直行してください。
関節痛に効果のある消炎鎮痛剤であったり、発疹のかゆみを抑える塗り薬などが処方されますので、よりストレスの少ない状態で休む事ができます。
りんご病の対処法として、大人のりんご病の場合には、何より初期の対応でその後の症状の重さが異なります。
りんご病の対処法として、大人のりんご病の場合は、特に重病化しやすいといった懸念もありますので、まだ大丈夫だと過信しないで、なるべく初期の段階で治療を開始するのが後遺症を残さないために最も重要なポイントになります。

 

 

【りんご病は治療薬がありません】
りんご病の治療法として、お子様が感染した時と同様で、りんご病は治療薬がありません。
その為、リンパが腫れる症状の時には、りんご病の治療法として、患部に氷嚢を当てるような対処しかできない状況になっております。
りんご病の治療法として、あまりに発熱した温度が高い場合には、解熱剤などを使用される方もいますが、りんご病の治療法として、あまり解熱剤を多用してしまうと体内の熱でウイルスを退治しようとしている免疫の邪魔になってしまう可能性があります。

 

りんご病は治療薬がないからといって、りんご病の治療法に病院を頼らずに治してしまう方もいらっしゃいますが、本当にその症状がりんご病なのか判断が付きにくいといった事がありますので、りんご病の治療法として、必ず病院へ行き検査してもらうようにしてください。

スポンサーリンク