りんご病 赤み いつまで続く

りんご病の赤みはいつまで続くのだろうか

スポンサーリンク

りんご病は、子どもの物だと思って安心している方がいるかも知れませんが、こじらせると命にかかわってくる問題ですので、症状が現れたら早目の対処が必要になります。
特に保育園や幼稚園に通っているお子様の場合には、感染する確率が高くなっておりますので要注意です。

 

 

 

【りんご病の赤みはいつまで続くのだろうか】
りんご病に感染したお子様を抱える保護者の方にとって、ほっぺの赤みがいつまで続くのかはとても心配する所だと思います。
基本的にりんご病の赤みは1週間から2週間程度で治まるようになっております。
しかし、一旦消えかかったと事に直射日光を浴びてしまったりすると症状が長引いてしまいますのでいつまで続くかわからなくなってしまいますので注意が必要になります。

 

最初のうちは症状もかなり重めになっておりますので、こんな状態がいつまで続くかわからないと嘆く方もいらっしゃいますが、病院へ行き、正しい処置をしてもらう事によって症状が安定しますので、早目に病院へ行く事が重要になります。

 

スポンサーリンク

 

【りんご病の赤みは個人差がある】
りんご病のほっぺの赤みは、1週間から2週間程度で治まると言われておりますが、感染者の体力などによって個人差があります。
また、熱すぎるお風呂に入れたり、冬にお外に出ていたり、薬を飲まなかったりした場合には、ほっぺの赤みはいつまで続くかわからない状況になっております。
あまりに回復が遅いような場合には、担当してくれている医師に相談するようにしてください。

 

 

【重症化した場合】
りんご病の赤みは基本的にそこまで慌てる事がありませんが、まれに高熱などを出すような重傷化してしまうケースがあります。
そういった場合には、病院でγ-グロブリンを投与するなどの対処療法が必要になる可能性があります。

 

 

勘違いしやすいのが、ほっぺが赤みを帯びている場合には、ある程度ウイルスが排出されている状態です。
そのため、ほっぺに赤みのあるお子様の近くにいっても感染しません。
いつまで続くかわからない症状ですが赤くなっている時には、既に感染力が落ちている状況ですので、いつまで続くのか心配する必要はありません。

スポンサーリンク