りんご病 大人 頭痛

大人のりんご病で頭痛が酷い時に

スポンサーリンク

子どもが感染するものだという認識を持っている方の多いりんご病ですが、実は大人になってからでも感染する確率がとても高い病気となっております。
そこでこちらのページでは、大人の方にこそ知っておいてほしいりんご病についての情報をご紹介していきます。

 

 

【大人のりんご病で頭痛が酷い時には】
大人のりんご病は子どもが感染するよりもかなり重病になりやすくなっております。
その為、しっかりと対処していかないと後遺症が残るほどの危険な病気になっております。
発熱やリンパの腫れ、関節痛など色々な症状が現れますが、特に強い頭痛に苦しめられている感染者が多い傾向があります。

 

頭痛は、市販の頭痛に効果のある鎮痛剤などを服用する方も多いのですが、ドラッグストアで販売されているものは、安全性に重点を置いておりますので、そこまで強い鎮痛効果がなく、頭痛が治まらない可能性があります。
その為、大人のりんご病による強い頭痛の時には、しっかりと病院で薬を処方してもらう事が重要になります。

 

この時に注意しなければいけないのが頭痛を収めるために服用していた市販薬との併用です。
市販薬が体内に残っている状態で処方された薬を服用してしまうと、重い副作用が出る可能性がありますので注意してください。

 

スポンサーリンク

 

【大人のりんご病の治療】
大人のりんご病の治療は子どもと同様にウイルス性の感染症になっておりますので、これといった特別な治療法は存在しません。
熱がでたり、頭痛があれば解熱剤を服用したり、関節痛の症状が酷ければ鎮痛剤を服用する事になります。
基本的に一週間から二週間程度で症状が治まるようになってきますので、症状に合わせて安静にしているのが一番の治療法になります。

 

大人になってからりんご病に感染すると、子供とは比べられないくらい強い症状がでてしまいます。
特に関節痛や頭痛に関しては、個人差もありますがかなり強く症状が現れてしまうようなケースがありますので、早目に病院で効果の強い薬を貰うようにしてください。

スポンサーリンク