りんご病 妊娠 後期症状

りんご病に感染してしまった妊娠後期症状

スポンサーリンク

日本国内では、妊婦の方がりんご病に感染するケースが増えて来ております。
特に妊娠後期など安定期に入っていて気持ちが緩んでしまったり、小さなお子様がお腹の中の赤ちゃんの他にもいるような場合には、妊娠後期でも感染するリスクが高くなってきております。

 

 

【りんご病に感染してしまった妊娠後期症状】
りんご病に感染してしまった妊娠後期症状は、感染した人によって症状の出方がことなってはおりますgで、妊娠中は、どうしても体力や栄養が不足しがちですので、免疫力が低下しております。
その為、後期症状は重くなりやすい危険な状態になっております。

 

浴に妊婦さんは、りんご病だけでなく色々なウイルスにお感染しやすく、重病化しやすいので注意する必要があります。
後期症状としましては、発熱、関節炎、赤い湿疹などの症状が現れる他に、お腹の中にいる赤ちゃんにダメージを与えてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

【妊娠後期症状は前期よりも安全】
妊婦の方が、りんご病に感染しやすい時期は、妊娠前半期です。
この時期は非常に免疫力が落ちておりますので色々な病気に感染しやすくなってしまいます。
日本国内に限った統計ですと、妊娠20週過ぎに感染してしまうと、胎内にいる赤ちゃんは胎児水腫になる可能性が高くなってきますので、初期でもしっかりと注意が必要になります。
また、もちろん後期でも胎児水腫が起こるようなケースがありますので、安心せずにしっかりとした予防を行う事が重要になってきます。

 

 

【後期症状に合わせた治療を】
基本的にりんご病は、症状が出た後に症状に泡さえた治療を行う対処療法が一般的となります。
その為、非常に母子には負担をかけてしまいます。
その為、治療よりも予防が重要になってくるのです。

 

りんご病は、特効薬が無い為、かなり症状は重くなります。
小さなお子様がいるご家庭は、保育園などでりんご病が流行っていないかなどをしっかりと情報収集を行いながら、うがいと手洗い、外出時のマスク着用を徹底させるべきです。
もちろん、ご自身も後期症状だからと油断せずに、不要な外出を控えるなどの対処が必要になります。

スポンサーリンク