りんご病 妊婦 初期症状

妊婦の方がりんご病に感染した時に注意したい初期症状

スポンサーリンク

妊婦の方は、お腹の中にいる赤ちゃんの為に沢山眠ったり、栄養バランスのよい食事をとったりと身体をいたわるような生活スタイルが必要になります。
また、妊婦さんは免疫力が低下しておりますので、ウイルス性の病気などにかからないように、体調管理を徹底する必要があります。

 

 

【流産や死産の可能性もあるりんご病】
妊婦の方がりんご病に感染した時には、胎盤を通じて赤ちゃんにまで感染する可能性が非常に高くなっております。
その為、特に感染した初期症状などを見落とさずに、早目に病院へ行く必要があります。
感染した際に放置してしまうと、赤ちゃんの赤血球がどんどん減少してしまい、重傷の胎児貧血となってしまう可能性があります。

 

また、胎児貧血が進行してしまうと、胎児はむくみの症状がひどくなってしまい胎児水腫になってしまいます。
胎児水腫になってしまうと、最終的には死産や流産してしまう可能性が高くなっております。

 

スポンサーリンク

 

【妊婦さんがりんご病に感染した時の初期症状】
妊婦さんがりんご病に感染した時の初期症状を知っておけば、すぐに病院に行く事ができますので、必ず確認しておくようにしてください。
妊婦さんがりんご病に感染した時の初期症状は、最初に高熱が出ます。
子どもが感染した時の初期症状では、せいぜい微熱程度なのですが、大人が感染すると重病化しやすいためです。

 

また初期症状としましては、めまいや吐き気なども生じます。
同時に倦怠感も強くでるのが初期症状の特徴になります。
りんご病の初期症状というのは、風邪などに非常によく似ております。
その為、発見が遅れてしまう可能性があるのですが、とにかく産婦人科に早目にいくようにする事が重要になってきます。

 

妊婦さんにとってはかなり恐ろしい病気となっております。
妊娠20周未満の妊婦さんの場合には、特に流産や死産のリスクが高くなってしまいますので、ちょっと風邪気味かもと思ったら、りんご病では無いかもしれませんが、安心の為になるべく早く病院へ行くようにしてください。

スポンサーリンク