りんご病 症状 頬の赤み

りんご病で最も有名な症状の頬の赤み

スポンサーリンク

りんご病は、感染すると頬の赤みの症状が現れます。
その頬の赤みがりんごのように赤い事から付けられた病気です。
小さな子どもが頬の赤みが強い印象が強いと思いますが、実は子どもだけの病気ではなく、大人の方も感染する病気となっております。

 

 

【大人でもりんご病に感染する理由とは】
大人の方でもりんご病に感染する可能性があります。
この病気は、一度感染すると体内に抗体ができ、二度と感染しなくなるのですが、子どもの頃に感染していない方は、体内に抗体ができておりませんので、ウイルスがあれば感染してしまう可能性があるのです。

 

 

【保護者の方は特に注意】
小さなお子様のいるご家庭は、保育園や小学校などからウイルスを貰ってくる可能性が非常に高くなっております。
子どもの頃に感染した経験がある方の場合には問題ありませんが、感染経験がない方の場合には注意が必要になります。
特に妊婦さんは感染してしまうと母子共に危険ですので注意してください。

 

スポンサーリンク

 

【大人がりんご病に感染した時の症状】
大人の方がりんご病に感染した場合には、頬の赤みなどの症状がかなり重くなります。
高熱がでたり、関節炎の症状が強くでるので、立っているのがやっとの状態になるなど症状がかなり重くなる傾向があります。

 

頬の赤みは特に子どもと違い、かなり強いかゆみがでますので眠っていてもかゆみで起きてしまうようになってしまいます。
頬の赤みの症状は、りんご病がなおりかけですので、しっかりと睡眠をとり安静にして入れば症状は緩和していきます。
また、頬の赤みからくるかゆみに関しては、病院でかゆみ止めを貰うことで症状は緩和しますので、あまりに強い症状がでた場合には有効です。

 

大人の方がりんご病に感染するケースで多いのが、お子様の看病をしていて当人も感染してしまうパターンです。
お子様にうがいと手洗いを徹底させるのはもちろんの事、自分自身もしっかりとうがいと手洗いを行い、ウイルスの侵入を防ぐようにするようにしてください。
特にお子様の幼稚園などで感染者がいるような場合には要注意です。

スポンサーリンク