りんご病 保育園 登園時期

子どもがりんご病にかかった時の保育園への登園時期

スポンサーリンク

小さなお子様が良く感染するりんご病は、子どもが大勢あつまる保育園などは感染しやすくなっておりますので、保育園や幼稚園などにお子様を通わせているような方は、うがいや手洗いなど予防をしっかりと行う必要があります。

 

 

【りんご病は保育園へ通えません】
りんご病になった方は、基本的に保育園に通う事はできません。
それはりんご病が非常に感染力の強い病気だからです。
もちろん、一生治らないような難病ではありませんので、登園時期が来れば、発病以前のように通う事が出来ます。
その為、保育園の登園時期という部分が重要になってきます。

 

 

【りんご病の方の登園時期】
りんご病に感染した初期段階では、微熱や咳、鼻水など風邪に良く似た症状が現れます。
この時期は非常にウイルスの感染力が強い時期となっておりますので、早目に病院へ行くようにしてください。
ほっぺたが赤くなっていないので登園してもよいと思われがちですが、感染力の強いウイルスをまき散らしてしまう可能性がありますので登園する事はできません。

 

逆にほっぺたが赤い頃はダメなのかというと、実はほっぺたが赤い時期は、すでに感染力の強いウイルスが弱まっている所となっておりますんで、ほぼ感染力が無い事がわかっております。
しかしながら見た目がもろにりんご病ですので、この時期に登園していると、どうしても周りの目が痛くなってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

【登園時期は医師任せ】
保護者の方にしてみれば、いったいいつ頃が登園時期か迷ってしまうと思います。
しかしながらりんご病は判断が難しくなっており、例え感染力がなかったとしても、ほっぺたが赤いうちは、直射日光でかゆみが増してしまいますので考え無しに登園すると、完治がおそくなってしまいます。
登園時期は、やはり専門家の意見が非常に参考になります。

 

保育園には沢山の子どもがいますので、どうしても感染しやすくなっております。
その為、感染してしまった時には、しっかりと体調を整えると共に、なるべく早く小児科に行くようにしてください。

スポンサーリンク