りんご病 症状 痒み

りんご病は痒みの症状が現れます

スポンサーリンク

伝染性紅斑はほっぺや手にりんごのような赤みを帯びた発疹が出る事からりんご病という通称が付いております。
赤く腫れた発疹の部分は痒みが生じますので、小さいお子さまなどが感染した場合には、爪で引っ掻いてしまう可能性もあり、看病も大変な病気となっております。

 

 

【りんご病の症状】
りんご病の症状は、赤くなる発疹以外にも色々な症状があります。
小さなお子さまが感染した場合には、微熱や咳、鼻水などが症状として現れます。
また、腕や太もも、お尻、お腹などにノコギリ歯状の紅斑が出るのがりんご病の症状の特徴となります。
ノコギリ歯状の紅斑や赤い発疹からくる痒みが無ければ風邪と非常に似通った症状が現れるのがりんご病の特徴となります。

 

スポンサーリンク

 

【気を付けたい感染経路】
りんご病は、ヒトパルボウイルスB19型を他の人から感染する事により発症する病気です。
くしゃみや咳などが空気中にヒトパルボウイルスB19型が浮遊している所で呼吸する事によって感染するケースが多くあります。
感染者の多いだろうエリアで感染してしまうという事です。

 

つまり幼稚園や保育園など小さなお子様が沢山いるような場所は、特に感染しやすくなります。
特に誰か一人でもりんご病の感染者がいた場合には、確率はかなり高くなりますので要注意です。

 

【痒みが出ている状況は】
赤い発疹による痒みが出ている状況は、実はりんご病の感染ウイルスは感染力を無くしている状況になっております。
その為、ご家庭では、マスクを外しても大丈夫な状態になります。

 

しかし感染力が無いからといって痒みの症状はまだまだある状態ですし、直射日光にあたると痒みがますケースがありますので絶対安静の状況はかわりません。
痒みは子どもにはとても辛いものですが、大人の方がりんご病を発症した時には比べ物にならないくらいの痒みが出てしまいます。
あまりに痒い場合には、小児科か皮膚科に行き、塗り薬を処方してもらうと大分痒みは治まるのでおすすめです。

スポンサーリンク