りんご病 症状 何回もなる 原因

りんご病の症状が何回もなる原因

スポンサーリンク

大人になってからもりんご病にかかる方がいらっしゃいます。
子どものものだと思っていたのに大人になってから感染するなんてと驚かれたりする方も多いと思います。
そこでこちらのページでは、りんご病の症状が何回もなる原因についてご紹介します。

 

 

【りんご病の症状が何回もなる原因】
りんご病の症状が何回もなる原因として挙げられるのが完治したと勘違いしているケースです。
りんご病の症状は一旦治まったとしても、身体のなかではまだ完全に消えていないような状況になっているケースがあります。

 

そのような時にはちょっと無理をしてしまうと症状がぶり返してしまうケースが多くあります。
かゆみが消えていたから大丈夫だと思って外出をしたら、少し時間を空けてまた頬がかゆくなってきた。
そうなってくるとりんご病に何回もなると思ってしまうのだと思います。
これが何回も感染してしまうと勘違いしている可能性があるのです。

 

スポンサーリンク

 

【大人になってから再び感染したと思っている原因】
大人になってから再び感染したと思っている原因として多いのが、勘違いです。
子どもの頃に感染したと思っている方の中には、実際にはおたふく風邪であったという話を良く効きます。
どちらも同じ頬が赤く腫れ上がる症状ですので勘違いしてしまっているのです。

 

また、小さい頃の記憶は曖昧になる傾向が強く、また感染した時の年齢が幼稚園や保育園だったような場合には、勘違いしてもしょうがないかも知れません。
その為、りんご病の症状が何回もなる原因は勘違いだったとおもわれております。

 

りんご病の症状が何回もなる原因が勘違いというのを信じられないかも知れませんが、この病気は一度でも感染すれば体内に抗体ができますので二度と感染する事はありません。
しかしながらりんご病の症状が何回もなると思っている方が多いという事になると、そう思っている原因は、ほんのわずかな勘違いである事は間違いないのです。
もし子どもの頃に感染したのに再び感染したと思っている方は、両親に尋ねてみてください。

スポンサーリンク