りんご病 外出 注意点

りんご病の外出時の注意点

スポンサーリンク

小さなお子様のいるご家庭では、風邪やインフルエンザにかからないように注意されている所が大半だと思いますが、小さなお子様は、体力や免疫力が弱いために、どうしてもウイルス性の病気を貰ってきてしまいます。
りんご病のそんなウイルス性の病菌の一つで、外出時には色々な注意点を覚えておく必要があります。
そこでこちらのページでは、りんご病の外出時の注意点をご紹介していきます。

 

 

【感染前のりんご病の外出時の注意点】
感染前のりんご病の外出時の注意点としてご紹介するのは、やはりマスクです。
特に小さなお子さまが多い幼稚園や保育園だけでなく、スーパーや図書館、ショッピングモールのおもちゃ屋さんなどは、どうしてもウイルスが繁殖しやすいエリアとなっております。
その為、色々なウイルスに感染しやすくなっているのです。
りんご病のウイルスは飛沫感染などの感染経路がありますので、マスクは必需品となっております。

 

スポンサーリンク

 

【りんご病感染後の外出時に注意すべき所】
りんご病感染後の外出時の注意点としては、症状がぶり返すのを注意する事が挙げられます。
りんご病は、直射日光がほっぺにあたったり、気温の低い場所にいたりすると症状が悪化しやすくなっております。

 

特に表面上は治ったと思って油断している場合でも、体内にはまだまだ沢山のウイルスが潜んでいるといったケースがあります。
この注意点を見逃してしまうと外出した途端に具合が悪くなるようなケースもありますので要注意です。

 

 

【外出時以外の注意点】
外出時の注意点の他にも色々と注意しなければいけないポイントがあります。
例えば、治ったと思って少し集めのお風呂に入浴してしまうと症状が悪化してしまったり、頬にでた赤い発疹がかゆくてかゆくてしかたがなくなってしまい、引っ掻いてしまうと肌が荒れてしまう治りにくくなるといったケースもありますので要注意です。

 

ちゃんと療養できていれば、しっかりと短期間で完治させる事ができるりんご病ですが、意外にこの注意点を守るのが難しくなっております。
特に小さいお子様ですと、ガマンができない傾向にありますので、保護者の方がしっかりとケアするようにしてあげてください。

スポンサーリンク