りんご病 関節痛 効果 薬

りんご病による関節痛の症状と効果が期待できる薬

スポンサーリンク

ほっぺが赤く腫れて、まるでりんごのような所から付けられたりんご病は、その可愛いネーミングとは裏腹に、かなりつらい病気となっております。
特に小さな子どもではなく、大人の方が感染してしまうと、かなり症状が重病化してしまいますので注意が必要になります。

 

特に関節炎の症状はかなり重くなりますので、薬に頼るしかありません。
そこでこちらのページでは、りんご病による関節痛の症状と効果が期待できる薬についての情報をご紹介していきます。

 

 

【りんご病による関節痛の症状】
りんご病による関節痛の症状は、基本的には大人の方しかなりません。
小さなお子さまには、関節炎の症状が出ないのが一般的となります。
特に関節炎の症状が酷い方の場合には、痛くて歩く事もままならないような状態になってしまいます。
ほっぺが赤く腫れる前に関節炎の症状がでるようなケースもありますので、りんご病だとわからないようなケースもありますが、十分に注意が必要になります。

 

スポンサーリンク

 

【りんご病で関節痛の症状が現れる原因】
りんご病で関節痛の症状が現れる原因は、ヒトパルボウイルスB19によって起こる血行の悪化です。
血行が悪くなると関節を圧迫してしまい、急激に関節炎の症状が現れてしまうのです。
関節炎の症状が出るタイミングとしましては、高熱が下がった後に、ほっぺの赤い腫れと同時に関節痛の症状がでるというのが一般的となっております。

 

 

【効果が期待できる薬】
関節痛の「効果が期待できる薬として注目されているのがアセトアミノフェンです。
意外に関節の痛みに効果のあるものは少ないのですが、このアセトアミノフェンは効果のある薬の中でも非常に人気のある薬として知られております。
他の頬の痒みや咳止め、鼻水、高熱などに効果のある薬が多い中で、関節炎に効果のある薬としましてはアセトアミノフェンしか選択肢がないような状況になっております。

 

アセトアミノフェンは、病院で処方してもらえるお薬です。
担当してくれている医師に、関節炎が辛いのでアセトアミノフェンを処方してくださいと言えば、必ず処方してもらえますので、しっかりと要望を伝えるようにしてください。

スポンサーリンク