りんご病 症状 かゆみ

りんご病が原因のつらいかゆみの症状

スポンサーリンク

子どものほっぺが赤くぷっくりするりんご病は、かわいい名前とは裏腹にとても大変な病気です。
正式名称は伝染性紅班というりんご病は、ほっぺが赤くなるだけでなくかゆみや発熱、吐き気などが現れます。
特にかゆみの症状はかなりつらい症状が出るケースが多く、小さなお子様などは爪でひっかいてしまう程です。

 

 

【りんご病が原因のつらいかゆみ】
りんご病が原因のつらいかゆみの症状は、赤い発疹が出た部位に現れます。
お腹、太もも、お尻あたりにもかゆみの症状が現れる場合があります。
このかゆみの症状に関しては個人差があるのですが、あまりにひどいかゆみが出るような場合には、かゆみの症状を抑えるために皮膚科で塗り薬などを貰う必要があります。
小さいお子様の場合には小児科でも対応できますので、あまりに強いかゆみの症状が現れた場合には、ぜひ病院へ行き相談してみてください。

 

スポンサーリンク

 

【りんご病は子どもだけではありません】
小さい子どもがほっぺを真っ赤にしている印象が強いりんご病ですので、体力の少ない子どもだけが感染するようなイメージがあるかもしれませんが、実は大人の方でも普通に感染してしまいます。
りんご病に感染するか否かは、体内に抗体を持っているかどうかで決まります。
このりんご病に効果のある抗体は、過去にりんご病に感染しなければ体内にできません。
その為、子どもの頃に感染した経験がなければ、普通に感染してしまうのです。

 

 

【大人が感染すると】
大人の方が感染してしまった場合には、子どもの時よりも病状が重傷化しやすくなっております。
高熱が出てしまったり、強い関節痛がでてしまったりと日常生活に支障がでるレベルで症状が現れますので大変です。

 

大人の方が感染する主な理由に、自分のお子さんからの感染が多くなっております。
子どもが保育園や幼稚園などでウイルスを貰ってきて、それがご家庭で家族に感染してしまうのです。
うがい手洗いなど予防対策を徹底するようにしてください。

スポンサーリンク