りんご病 完治 期間

りんご病が完治するまでの平均期間

スポンサーリンク

小さな子供がかかるだけでなく、最近は子どもに接する機会の多い大人の方にも感染する方が増えて来ているりんご病ですが、直接的な治療方法などがなく、完治まではある一定の期間をかけて自己免疫の力に頼るしかありません。
そこでこちらのページでは、りんご病が完治するまでの平均期間など基礎の基礎についての情報をご紹介していきます。

 

 

【りんご病が完治するまでの平均期間】
りんご病が完治するまでの平均期間は1週間から2週間程度と言われております。
この完治までの期間については諸説ありますが、感染した方が元気になる機関が1週間から2週間程度の期間が多いという事だけで、全員が全員とも2週間の期間で完治するという事ではありません。

 

同じりんご病でも症状も様々ですし、元々持っている免疫力や体力などが異なる上に、生活環境などもことなっておりますので、必ずしもその期間で治ることではないという事は誤解しないように覚えておいてください。

 

スポンサーリンク

 

【小さな子供のりんご病の症状】
小さな子供のりんご病の症状についてもご紹介します。
小さなお子様の場合には、感染初期は、発熱やせき、鼻水のような風邪に良く似た症状が現れます。
大人の方とは違い、小さなお子様の場合には、熱が出る場合でも微熱になります。

 

その後、この病気の代名詞とも言えるほっぺやお鼻、お口の周りが赤く腫れてきます。
痒みがでるようなケースもあります。
あまりにかゆい場合には、病院でかゆみ止めを処方してもらうようになります。

 

また、肩付近や太ももなどに赤い斑点が出てくるような場合もあります。
色々な症状が現れますので、治療薬がないから病院へ行かないというのではなく、症状に合わせた対処法やかゆみ止めを処方してもらうために病院へは行くようにしてください。

 

りんご病は、完治するギリギリの期間まで感染力を持っている病気ではありません。
基本的にはほっぺが赤くなった段階で、ほぼ感染力は失われておりますので、安心してケアしてあげてください。

スポンサーリンク