大人 りんご病 仕事 対応

大人の方がりんご病に感染した時の仕事の対応

スポンサーリンク

子どもでしたらりんご病に感染してもしっかりと休む事ができますが、大人の方が感染してしまうと仕事などの種類によって対応が難しくなってしまうと思います。
しかしながら、症状は確実に重くなっておりますのでどうしても休めないような事があると思います。
そこでこちらでは、大人の方がりんご病に感染した時の仕事の対応の仕方をご紹介します。

 

 

【大人の方がりんご病に感染した時の仕事の対応】
大人の方がりんご病に感染した時の仕事の対応を考える時に、まずは感染について良く知っておく必要があります。
大人の方がりんご病に感染したと自覚するのは、ほっぺなどが赤く腫れ、痒みがでてからです。
それ以前は、咳が出たり鼻水、微熱、筋肉痛などの症状しか現れませんので、風邪を引いてしまったと誤解している方も多くなっております。

 

しかしながら、頬が赤く腫れているような時には、すでに感染力を失ったウイルスしかおりませんの
で、他の方に感染する可能性は低くなっております。
その為、他の社員の方に感染してしまうインフルエンザなどとは毛色が少々違っております。
他の方に感染してしまうので休むといった対応は必要ないという事になるのです。

 

スポンサーリンク

 

【大人の方がりんご病に感染したら】
大人の方がりんご病に感染してしまった場合には、上司から指示を受けるのが正しい選択肢になります。
会社の規則で休む事が決められているケースもありますし、自宅にノートパソコンを持ちかえてメール対応などの仕事をする場合もあります。
仕事の種類によって正しい選択肢が異なりますし、会社の方針や上司の判断によって仕事内容や対応は変わってきてしまうのです。

 

大人の方がりんご病に感染してしまったら、仕事の対応法だけでなく、その時の症状の重さによっても選択肢は異なります。
いくら会社が出社しても良いという判断をしたとしても、高熱が出ていたり関節炎が酷いような場合には、休むしかありません。
色々な選択肢がありますので、担当医と上司、自分の体調をしっかりと考えた上で対応するようにしてください。

スポンサーリンク