りんご病 大人 後遺症

大人になってからのりんご病の後遺症

スポンサーリンク

りんご病は、子供の頃よりも大人になってからの方が何倍も症状が重くなってしまいます。
小さい頃に感染した事があるかどうかなど忘れてしまっている方が、お子様がりんご病に感染した時にお世話をしていたら感染してしまい、子供よりも症状が重く動けなくなってしまうという話は決して珍しい話ではありません。
最悪の場合、何らかの後遺症の心配をしなければならないかも知れません。

 

 

【大人になってからのりんご病の後遺症】
子どもの場合には、症状も軽いので後遺症の心配はありませんが、大人の方の場合には、全身の倦怠感であったり関節痛などの症状がひどくなる傾向があります。
中には関節痛や倦怠感がいつまでも後遺症として残ってしまうケースがあります。
特に症状が出やすい手首や膝などの間接痛が後遺症として残ってしまうと、これから先の人生おいてかなり辛い状況になってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

【後遺症を出さないために】
ご存知の通り、りんご病は子どもの物も大人の物も確実な治療法や特効薬のない感染症になっております。
その為、後遺症を出さないようにするために歯、対処療法を積極的に行う必要があります。

 

とにかく体力があるうちに直せるように、発症している時にはしっかりと身体を休める事も重要ですし、治ったと早合点して外出して日光にあたってしまうのも避けなければいけません。
後遺症に悩まされないためには、とにかく安静にしている必要があります。

 

 

【症状が見られたら皮膚科】
大人の方がりんご病の症状が出たら、迷わず皮膚科に直行してください。
関節痛に効果のある消炎鎮痛剤であったり、発疹のかゆみを抑える塗り薬などが処方されますので、よりストレスの少ない状態で休む事ができます。

 

大人のりんご病の場合には、何より初期の対応でその後の症状の重さが異なります。
大人のりんご病の場合は、特に重病化しやすいといった懸念もありますので、まだ大丈夫だと過信しないで、なるべく初期の段階で治療を開始するのが後遺症を残さないために最も重要なポイントになります。

スポンサーリンク