りんご病 大人 微熱

大人がりんご病を発症すると微熱ではすみません

スポンサーリンク

りんご病は、体内に免疫のない方に感染する可能性があるウイルス性の病気です。
免疫は過去に感染した方の胎内にはありますが、感染した事が無い方にはありません。
その為、小さな子どもであったり、子どもの頃にりんご病に感染した事がない大人の方も感染する可能性があるのです。

 

 

【子供がりんご病に感染したら】
子どもが感染した場合には、咳や鼻水、微熱などの風邪の初期段階のような症状が現れます。
微熱と行ってもほんの少しですので、マスクをして保育園などに行かせてしまう方も多いのですが、この微熱のような状況が、まさしくウイルスが活発に活動している状況なのです。
微熱の段階では、体内に非常に強い感染力をもったウイルスが存在しておりますので、大人の方を含めて、周りの方に感染させてしまう恐れがあります。

 

スポンサーリンク

 

【大人がりんご病を発症すると微熱ではすみません】
子どもと比べて大人の方がりんご病に感染してしまった場合には、微熱程度ではすみません。
一般的に子どもが感染するよりも重病化する傾向が強いりんご病は、微熱ではなく高熱がでてしまったり、関節炎などによって歩くのがつらくなったり、倦怠感など様々な症状が現れます。

 

また、りんご病の代名詞とも言われている赤い発疹も、大人の方の場合には、手や頬にできる上に、尋常じゃないくらいかゆみがでますので、夜寝ていても痒くて起きてしまいます。
その為、どんどんと体力が落ちていってしまい、とても辛い状況に陥ってしまいます。

 

 

【妊婦さんも要注意】
妊婦さんがりんご病に感染してしまうと、妊娠していない大人の方と同様の辛い症状になるだけでなく、胎盤を通じて赤ちゃんに感染させてしまう可能性があります。
赤ちゃんに感染させてしまうと、流産や死産の可能性があるので十分に気を付ける必要があります。

 

大人の方がりんご病に感染する経路としましては、お子様からの感染です。
お子様が小さいうちは、保育園や幼稚園などでウイルスを貰ってきやすいので非常に感染確率が高くなっております。
お子様からの感染は十分に注意するように心がけてください。

スポンサーリンク